上尾市学習塾 光塾 足音

小学生,中学生から高校生まで東大出身の講師が指導

コーチえのもと(その17)

365かける2といくらかの歳月をかけて毎日まいにちコーチえのもとがぼくらに教えたことはテニスであるとばかり当時は思い込んでいた。

ぼくの練習メニューの1つめだったスマッシュは250本が日課だった。1本でもネットにかけたり的から外したりしたら1本目から数え直しだった。

彼は打ち方についてしゃべりかけながらぼくらにたくさんすぶりをしてみせた。

スイングや身体の動きに関してはゴルフと野球と卓球の話が多かった。
テニスもゴルフも野球も同じこと、というのが彼の持論だった。

クラブとバットとラケットで身体の使い方が同じだという彼の理論が正直なところ、ヴォクは今でもよくわかっていない。


彼はぼくらにてっきりテニスを教えてくれているのだとばかり思ってた。
でも違った。

いまになって思えばそんな技術的なものではなかった。すぶりにごまかされていた。

実際彼が球出し以外ではラケットをもつことはなかったし彼はテニス初心者でフラットにラケットを持つことすらしていなかった。カットボールしか受けた記憶がない。

彼のベンチにはテニスの本が置かれていて、彼が折り目をつけたドッグイヤーのページを開いて確認するシーンを目にすることは少なくなかった。

彼は一日の終わりにはいつも筋肉痛だったんじゃないか。
あんな下手くそな手打ちで何百球千球も球出しのため打っていたら肘も肩もがいたくなったに違いない。そのそぶりすら見せなかったけれど。


彼はぼくらにいったい何をしたかったのだろう。
その問いがいつものように気になって仕方がない。


耳にタコができるくらい聞かされた「30になったらわかるからやれ!」の言葉を信じやったが、わかるまでに15年も必要なかった。

18歳になるまでにはそれはもうぼくらの信念になっていたんだ。

成し遂げるための方法がそのことを除いて他になにひとつないということは、もはや疑いようのないくらいにまでしみついていた。

コーチえのもとはぼくらにテニスを教えてくれた(ように見えていた)。
そしてすべてを教えてくれた。
ついでに少しだけ筋骨たくましくもしてくれた。

コーチえのもとは、ひとつの物事に打ち込むことをぼくらに教えてくれたんだ。
ボールの打ち方なんてもんでなく。
 
きっちりやるか、やらないか、どっちかしかない。やるならやれ、俺は半端はひとっちゃすかん。えのもとのやり方はいつの間にかぼくらの中に染み込んでいたんだ。

夏休みになると練習はいよいよ本格化した。練習スケジュール表などというものはない。休みという文字はコーチえのもとの辞書に存在しなかった。

雨のたまる日以外は朝6:00からボールが見えなくなるまで毎日外のコートで練習、大雨でコートに水たまりが多い日は自主練を体育館でやった。
夏が来るとまだ暗い空の下、自転車をこぐ田んぼのあぜ道の記憶があの草の匂いとともによみがえる。

帰りはもっとまっくらでハンドルが曲がってライトをうまくさせずよく田んぼに落ちた。足ががくがくで自転車をこぐ力も弱々しい。

ほっとするのは12:00から12:40の休憩のときだけだった。
喉がかわきすぎておにぎりひとつ食べるのがやっとで繰り返し繰り返しポカリスウェットを飲んだ。
そして階段の陰で空を見上げた格好のまま目を閉じてとにかく休んだ。
もうこのままずっと休憩だったらいいのにと思っても時刻になると学校のどこに寝ている部員にも聞こえる大声で「集合~~~」の声をかけねばならなかった。

コーチえのもとがぼくらに挑んだ闘いは夏の猛練習だった。

一日経つごとにぼくらはたしかにうまくなった。

あのときだ。練習すればするだけ絶対にうまくなるということに気がついたのは。練習では足がもつれて倒れてばかり、本番大会の試合が楽に思えたんだ。

家に帰りつくと地下から出る水のシャワーを頭にかけた。
まるでスイカを湧き水で冷やすみたいに長い時間水のシャワーを浴びた。

夏休みに、部員の全員がテニスのフォームが同じようになり程度の差はあれみなうまくなった。
程度の差はあれみな真っ黒の肌になった。

夏の試合でも、日により焼けているチームが勝った。
あれだけ練習して負ける方がおかしいと誰もが気合でボールを打った。

負けるわけがなかった。

慶應ニューヨークにご進学 plus 国立長野高専にご進学 plus 今日の小学生 plus ゲルインクボールペン替芯 UMR-05S ユニボールワン ピスタチオグリーン、シトロン plus 今日の中学生 今日の高校生 変な問題は練習で使わない

今日の小学生。

英語の辞書に付箋が200枚くらいきれいに貼られていた。
なんで?と聞かなかった触れなかったが、ガラス越しに見えるその英和辞書は七夕の願いごとを書くツリーのようなものよりもきらびやかだった。さぷらーいず。
 
plus 今日の中学生。実力テスト結果が返されてもってきている。最高記録を更新していた。前回の1学期期末試験で英数国理社の5教科498点とフォーカードを揃えていた。普通ならいささか油断し調子を崩すような頃だったが逆に勢いが増してきている。サプラーイズ。どういう自分を目指しているのだろう。いつも細部を大事にする子で尊敬している。
f:id:ageohikari:20210114221859j:image
 
 
 

plus シグノ307をメインにしていた。

ユニボールワンもめっさいい。当分メインはuni•ball oneに変えることにしたい。
ヴォクの好きな色があるのがうれしい。
ペルナンブーコの木軸たちにoneを入れることとした。いい音が鳴る。
 
ピスタチオグリーン、シトロンはめっさいい色だな。レギュラーにしよう。久しぶりにインク沼にはまりたい。許されるならインク沼風呂に。
 
plus 今日の高校生。
苦戦していた志望する国立大学の2次記述試験の国語が現代文古文漢文とも合格点をこえてきた。surprise. 何回もヒントなしで直しをやってきていることが実力向上に繋がってきている。
本番まで化学と数学に一層力を入れるというようなことを話してくれた。初見の問題演習を多く取り込むことにする。
 
plus 今日の小学生英作文
毎週用紙2枚みっちりの英作文を添削している。今日の小学生、自作の英語文法ノートが分厚い参考書のようになっていた。「theは旧情報、相手にどれとわかる」などと自分のまとめた自分の言葉で書いてある。自分の誤答例がつまった世界に1つだけのノート。サプライズ。
他にもいろいろな驚きがあった。メモしておくことにする。
ヴォクもサプライズでかえしたい。
驚かされたら驚きを返す。恩返しです(大和田常務と静かなるドンで)。
 
plus
ある全国模試の問題を見て驚いた。設定ばかりが複雑で何を聞きたいのかよくわからない。
そんなところでややこしくしても。
入試問題は単純であればあるほどいい。
要約問題をすればどれだけ本文を理解しているのかがわかる。
600字論述をすれば歴史をどう掴んでいるのかわかる。
英作文をA4用紙にたったの1枚書かせたら大差がつく。トップを受ける人でも間違いだらけなのだから。
物理で電圧とは何か電位とは何か述べなさいと言えば十分差がつく。
数学で点と直線の距離の公式といういたってシンプルな公式でもなぜその式が成り立っているのか証明を課すと十分差がつく。それがトップでも現実だ。
しかし十万人採点をこのような記述試験では公平に実施できない。だから2次試験か大学独自試験でそこを課している。いい入試をする大学はそうしている。
それがいまの流れだった。一次試験をへんにこねくり回すのには意味がない。
意味がない。
傾向とか形式とかうんぬんの前に、きちんとやるべきことがある。
 
plus コンテンツブロックのメリット。
PCモードでは重くなりがち。携帯モードでは筆者以外の書いたもの(たとえば広告)が多くなりがちなので、ヴォクは広告ブロック機能付きのブラウザをメイン使いにしている。
そのブラウザを使うと広告が表示されなくなっている。youプレミアムのようなもんだね。
動作も軽いしいい感じ。
 
plus 今日の中学生。12/29朝。ご連絡いただいた。
慶應のニューヨークに合格なさったとのこと。ニューヨーク生活が現実となった。いっぱい修行できるね。かわいい子には旅という言葉の意味をかみしめるヴォク。
 
plus 今日の中学生。1/22。彼女の第一志望だった国立長野高専の合格発表日だった。合格なさったとのこと。おめでとうございます。これからどんなものをつくるのだろう。

plus 第一志望校の合格発表。1/23 早本(早稲田大学本庄高等学院)合格のお知らせをいただいた。おめでとうございます。

他にも大学や高校、中学入試の発表がいくつかあったのだが、続きの受験の最中ということで後でまとめようと思う。高校生は東京農大、筑波大学、東北大学、京都大学、東京大学の受験生ががんばっている最中。共通テストが終わっていよいよ本番を迎える。
 

考える帽子(その66) plus シラバスを念頭において

あのね、昔の話。
高校のシラバスを渡し念をおすとしっかり念頭に置きますと言った先生がいた。授業中に全然違うことを教えているのに休み時間になるとその講師は高校のシラバスを眺めていた。不思議でならない。
シラバスは見る人は見るし見ない人は見ない。2つの事象は互いに排反し、かつ2つの事象を合わせると全事象になっているって、それは何も言っていないのと同じだけどね。

シラバスは学校が配布するすべての資料の中でもっとも役に立つ。ヴォクの場合。

シラバスはおもしろい。ヴォクには。
シラバスがあればそこに指導のポリシーが具現化されていることが多いからだ。参考にしたら長期の学習計画が立てられる。
シラバスがあれば学校でやることと個人のやりたいこととヴォクの伝えたいことと受験する学校の配点表とをうまくリンクさせることができる。
シラバスが次第に集まってきた。テンションがあがる。4月はじめまでに揃うといいのだがなぜかものすごく遅れて配るケースがある。なぜでもいいのだが。そういえば最近通知表を持ってきてくださる子が多い。一月遅れで急に見せてもらうと緊張する。
そもそも7月くらいに今更感満載でシラバスを配る学校も多い。そのような学校では配られたシラバスはまったく現実と一致していない。
そんなことも多いのでイマココ(最近習った単元)とあなたのイマドコ(自分の熱中している単元)とヴォクココ(ヴォクが伝えたいこと)の3ココをすり合わせるようにしている。結局受ける入試と時期の方が決まっているから順序の差はあまり問題にはならないわけだが、それでも微調整して最大化は狙いたいので3ココは気になる。
 
自分をしっかり持っていて質問を恥ずかしがらない段階の子は質問フォルダに質問が多く入っていて、イマココがよく伝わってくる。逆の場合はヴォクの方から聴くしかない。
 
いまここをヴォクは重視していて入り口を開けるとドカンとイマココが目に飛び込むようにここ3年くらいはそんな導線と動線をつくっている。かえるのキー坊がイマココを支えるこの配置は向こう数ヶ月は不動のポジションかな。

plus 考える帽子

沸騰石はどうして入れるのか書きなさい。
「突然の沸騰を防ぐため。」と多くの人が答案用紙に書ける。
しかし、理解して書いている人は多くない。
「沸騰石を入れると何が起きるのか書きなさい。」と聞かれた途端にアウトになっていしまう人がほとんどである。
そもそも(液体内部からも気化が生じる)沸騰という現象と、(液体表面からだけ気化が起こる)蒸発という現象との差異を区別しておらず謎だらけの状態である方がふつうである。学校のカリキュラムでは中1で状態変化を、その後圧力や大気圧を学習する順になっているため、沸騰石というワードを耳にした頃にすんなりと沸騰の仕組みまでを理解できるわけがない。大気圧を理解せずに沸騰を理解することは不可能である。無学年式に分野横断的に学ぶべき理由の一つがここにある。
健全な思考状態とはテストに出たら仕方なく紋切型の解答を書いておくが本当はわかっていないということを念頭において注意しているような状態、アンテナが張られている状態のことをいう。
そんな考える帽子はいつもかぶっていたい。
 

続きを読む

浦和、浦和一女、大宮の受験結果の記録 浦和一女進学実績、県立浦和高校受験生13年連続全員合格 plus 光塾 ウラウラコースの指導

浦和高校、浦和一女、大宮高校へ進学するウラウラコース

浦和高校、浦和一女、大宮高校を目指す小中学生のためのウラウラコース。

学力向上と入試教科の高い技術習得のために、セルフラーニングの習慣を養成することから指導をはじめます。志望校は本人からコーチに直接伝えてください。志望するということに関しては親の言葉は無視しています。志望校を決めるのは私どもではなく、あなた自身です。

 

ウラコウ、イチジョ、オオミヤ(県立浦和、浦和一女、大宮高校)を志望する小学生・中学生のためのコースです。栄東東大、開智、国立、お茶などとの併願は可能です。どこを第一志望とするかは本人次第です。

授業とセルフラーニングのコンビネーション学習により、上位合格力だけでなく高校進学後にとくに必要となるセルフラーニング力を伸ばします。自律的なセルフラーニングを伝えることは当然として、授業では高校内容の技術や知識も無学年式に指導しております。上級の知識が(中学までの教科書に載っている)基本的な知識の理由や背景になっていることが英語、数学、物理、化学、古文ではとくに多いので、高校内容の原理や公式、文法なども解説の中で(体系的に)扱っております。重要で興味を呼び起こすことについて系統的に説明を行います。この点は、光塾のurauraコースならではかと思います。何事も一段と高い立場から眺めると視野が広くなるものです。入試問題を解くということにおいてもこのことは例外ではありません。

小学生のうちから始動。受験全5教科英・数・国・理・社を小中一貫、教科一貫、無学年式で指導いたします。中2までに試験範囲(もしくは高校1、2、3年くらいまでの英数国の内容)の学習を大方修了し、中3の1年間は合格答案作成力にも磨きをかけます。中学校のすべての定期試験準備をかんぺきに進めるのは当たり前のこととして、実力養成を重視し実力試験で結果を残すことを目標のひとつにしています。

理解しようと挑むこと、投げ出さないこと、試行と思考を続けること、自分なりの考え方をもつことの重要さを毎回伝えます。指導においては正解するかどうかよりも、自分なりの仕方で考えてみることをしたかを見ています。

毎週のレギュラー授業(本科授業のこと)一本勝負で子どもも講師も闘います。夏期講習、春期講習、入試特訓、合宿などの追加授業の類、特別授業を組む必要がいささかもありません。夏期講習も冬期講習もしなくとも実際に合格したのはなぜでしょうか。それは入試に向けて必要な学習を自分で参考書や問題集を使って自力で独自で普段やれるようになっていたからです。光塾と光塾生は合格のための戦略としてセルフラーニングを選択しています。毎週のレギュラー授業が受験対策としても十分である理由がここにあります。

指導においては、過程(プロセス)だけでなく結果も重視しています。光塾の進学実績について。合格者数のみの公表、不合格者数の非公開に関して光塾はNo.の立場です。不合格者の記録をなかったことにいたしません。できません。

光塾の進学実績(不合格者実数)を記します。ウラウラ在籍者含め光塾全塾生(光子)の過去13年間、受験者中の不合格者数の合計は、県立浦和高校が平成20年から平成31年まで不合格者0名(12年連続合格で、合格率100%)、県立浦和高校の令和2年が不合格者0名でした(全員合格)。浦和第一女子が平成20年から平成31年まで不合格者3名(H25年,H30年,H31年の入試にて1名ずつ不合格)、浦和第一女子の令和2年が不合格者0名(全員合格)、大宮高校が平成20年から平成31年まで不合格者1名(H28年度の入試にて1名不合格)、大宮高校の令和2年が不合格者0名(全員合格)でした。

光塾のウラウラコースの上記難関校への合格率は開コース以来の13年間で96.4%です。入試の結果だけでなく途中経過(プロセス)も重視しており、母集団の大きい会場模試の結果に関して(ウラウラコースだけでなく)光塾生全員の平均偏差値、平均偏差値目標と差異を光塾ブログ「足音」にて毎年写真付きで公開しています。光塾生全員の平均偏差値は平成20年から令和1年までの過去13年間連続5科目65以上の到達を続けています。ウラウラコース塾生だけでなく光塾全受験生の会場模試の結果です。入試本番は1回勝負。上位2回の平均でなく1戦1戦での結果を追求しています。1次目標(全員A判定)、2次目標(塾生の5科偏差値、塾生全員70以上到達)を目指して指導しています。

 

中途半端を捨て、自分をごまかさず、徹底して自分と闘うことを、真剣に伝えます。

光塾 東大一橋大京都大学コースの指導と合格不合格記録

光から東京大学、京大、一橋大学へ進学するトウダイ・キョウダイ、ヒトツバシ大コース

 東大・京大・一橋大を志望する中学生・高校生のためのコース東大・一橋コース  

東京大学、京大、一橋大学を志望する中学生、高校生のためのコースです。

基礎から指導いたします。志望校は本人から直接コーチに伝えてください。その日から準備指導を開始します。東大数学、東大英語、東大国語、東大物理など受験全科目からの総合的な指導をいたします。

小学生のうちから育てます。小・中・高の6年間以上という中長期の計画で進み、小学生から基礎を開始し中1、中2、中3、高1、高2の12月までに2次個別試験までの大学入試出題範囲の学習を完了します。

残り1年では大学の入試過去問40年分を解き研究し、高い学力と技術力を身につけます。

光塾から東大、一橋大、京都大学に進学した先輩たちの高校時代に使っていた参考書、問題集、高校の副教材、絶版の図書、学習計画、合格体験記なども利用できます。夏期講習、春期講習、入試特訓、合宿などの特別授業を受講しなくても合格したのはなぜでしょうか。それは自分でやれるようになっていたからです。これがセルフラーニングの成果の一つです。

学校の問題集で疑問をもったところ、自分で学習していてどうしても解決できないところについて、あるいは自分の考え方や答案が正しいのか誤っているのかについて、何でも質問していただけます。

光塾生で東大・一橋大・京大を受験し不合格だった人はコース創設後2020年の入試までの過去13年間で0名、受験生全員が合格し進学しております。担当講師自身が東大を受験し東大に入学し卒業した実体験も生かした実戦的な指導をいたします。

光塾の卒業生が書いた本(新刊)をいただきました。(勉強計画、合格体験記)。

共通問題と選択問題を解いてみた 2020年 令和2年 埼玉県公立高校入試

あのね、共通問題では数学が易しくなった。↓↓易化した。
国語の問題文が東京新聞のサイト上で公開されている。県の方では許可申請中。伝統の超長文。普段から長い文章を丹念に読み解くことをしているかをみるのが埼玉の国語。長い文章を読んで内容を追跡する姿勢や技術は、要約の練習を気長に繰り返していかねば身につかない。日頃から長い文章の言わんとすることを追跡すること、さまざまの文章構成や、表現に触れていくことが要求されている。短い、結論先にありきのニュース文やsnsなどの日記文、要点ズバリの明快なつぶやきを読むだけでは読解力は十分に鍛えられない。この点は見逃すべきではない。
国語の作文は形式も安定したまま終わる気配はない。表現力は埼玉国語は見ますということだ。ネタ勝負の小論文ではないのだから、書き方の決まった型をきっちり身につけておけばよろしい。
理科の出題形式が変わっている。実験や観察の目的などを考察する形式になっている。難度が高いわけではいささかもないが文章量と資料が増える。資料を読解するのに集中した作業を要する。
このようなときは設問を先に読んでから問題文自体に戻って条件を確認するのがよい。資料の中でどこを集中的に読めばいいのかは設問を読んではじめて決まる。ほとんどの設問は読んだだけで答えが予想できるようなもので、その予想をもって、数値や図などを本文に戻って確認する形で読むとよいだろう。例年同様、理科の計算問題は少なく本年でも本格的な計算は大問2(天気)の問4くらいであった。
理科の大問2の問3「水滴や氷の粒が互いにぶつかって大きくなる」のように科学的な考察を普段の生活の中でしているのかというところを評価しようという明確な意図がある。理科は良問である。
その後、選択問題を解き終わったところである。
英語の漆。面白い文だ。用紙の節約なのか、またまた英語長文の問題文がジャスト1枚の仕様で、ヴォクの目には文字が小さい。総文字数を数えてみて驚いた。長文が実際に長い。長文化はよい傾向で、このまま続くとよい。英語大問3長文読解の問1の文整序。文脈を把握して6文の中から適切な文を選択して入れるという問題。このような内容把握の問題は新傾向。練られたよい問題になっている。選択肢の作り方次第では奇問になりやすいところだが、名問になっている。大問3の小問6の適語2語ずつ補充問題は画期的な良問。工夫を凝らして作成されている。
リスニング。はじめの1分弱の日本語での指示。設問以上の情報はない。1分は長い。この間にNo.7の9点分の設問のwhat what whereにしるしをつけると時間が節約できる。No.7では事柄、あげる物、到着する場所だけ聴けばいい。もし1回で聴き取れたら最後の2回目は聴かずに他の問題へ進んで良い。
その他の問題ではリスニングのためのリスニング英語なので情報量ばかりが多い。2回チャンスのある設問をメモすること、各種データwhat which who how where whenに関することを念のためにメモすること、メモをとる力を問うている。英文を読む速度は少しだけ速くなっているが滑舌がよく大変聴き取りやすい。リスニングは過去問で練習しておくのがよい。
埼玉英語伝統の英作文は良い問題になった。条件英作文はワンパターンで逃げられないのがいい。英作文の実力をきっちり評価できる。書き直しの効かないこの形式。たとえば、あっ、a を名詞の前に書き忘れていたと全部書いたあとに気付いても最後まで消さないと書き込めない。この苦しい原稿用紙形式。推敲不可のこの形式。字数はあとから自己申告でいいから白紙に好きな文字間隔で書きなさいというわけにいかないのだろう。採点者が文字数を数えるのは採点の手間を考えると難しい。
多めに書いて少なく文字カウント申告があった場合に採点が難しくなる。そこでこの解答用紙の方式(国語の原稿用紙と同じ形式)に落ち着いたというわけか。最後の一行だけマス目がなくフリーなのはとてもいい。
受験生としては下書き欄を使用し高速で下書きしておいて、解答用紙に丁寧に写すのがよい。英語は↑↑難化。そしてかなりいい問題になった。2000年以降の埼玉英語過去21年で一番いい問題に仕上がっている。
昨年一昨年の数学の得点が低いのは開示得点、本採点結果で知っていたがよほど低かったのか、これが埼玉数学、高校入試問題の選択問題とは・・・。これでは選択問題にしても数学がやさしい。↓↓易化。
数学力を磨き上げていた受験生は完答の上、時間を余らせたことだろう。大問4の(1)のような1秒で答えがわかる5点の問題を出題し続ける。さすがに驚かなくなってきたが、いったい全体数学の試験で何をしたいのだろう。大問4の関数には相似などの図形的性質を絡めるのが伝統だったがそこも崩し図形的要素はもはやほとんどなくなっている。易しい計算問題のオンパレード。あえて出題意図を言えば数式処理と計算の正確さを問うということになる。レベル判定すると発想1、計算量1、時間1、論理1とどの視点から見ても2000年以降見られなかったほどの易しい問題である。2002年の東大数学↓↓のときのような肩透かし。
この埼玉数学の易化が高校入試の総合得点に与える影響はかなり大きい。数学で満点の100点をとっても数学ではアドバンテージがない、差がつけられないということを意味する。数学勝負を決め込むのは通用しない。全国の高校入試の花形たる円図形をなぜ出題しないのか理解に苦しむ。かんたんにしたいからというほかない。ある程度とれるようにするという方針が先にありきで問題はその方針に沿って作ったわけだから、問題だけを見てとやかく言うつもりはない。むしろその教科間バランス方針に対して異議あり
選択問題にしている意義が数学の今年の問題には見えない。過去問を研究する後の受験生のためにも名問や感動するような問題ばかりを作成してほしいとまで言うつもりはない。今現在の受験生のここまでの努力を難度のある問題でまっとうに評価してほしいと思う。差がつかないのは入試問題としてはよくない。
結果的には英語と数学で各高校での採点基準にもよるが平均得点が近づくということだ。英語の方が得点のばらつきが大きくなるだろう。英語の方は得点差がつくような作問になっている。
このような傾向が来年も続くとは限らない。受験生としてはどんな問題にも対応できるような実力をつけることが基本戦略になる。そして1教科でなく複数の教科で総合力勝負に持ち込めるようなガードも固めておきたい。
plus 「非進学校出身東大生が高校時代にしてたこと」をいただいて早速読んでが面白い本だった。
ヴォクの図書友にも非進学校在校生がいてその子も東大に進学した。その子の勉強法はかなり独特の独学式だった。負けず劣らずの独学方法が書かれている。今年の東大の国語第一問の冒頭文の反例としてもよい本だった。東京大学からのメッセージが書籍を通して入試問題を通してたしかに発信されている。